スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
犬の選び方について
2006 / 06 / 04 ( Sun )
4c1.jpg      犬を飼う前に2


     犬種の特徴を調べましょう




さて、前のページの項目をすべてクリアしてきた方、ここからは犬の選び方についてお話します。

あなたは、どんな犬を飼うか決めていますか?

純血種に限ったことでなく、雑種についても考えていただきたいことがあります。それは、その犬種がご家庭の状況に合うかどうかです。例えば、小さいお子さんやお年寄りのいるお宅では大型犬を飼うのは難しい、と言うようなことです。犬は約1年で成犬になります。子犬の時の姿よりも成犬になってからの方がずっと長いのです。成犬になった姿を考えて犬を選ぶのも一つの方法と言えます。子犬の時はどの子も可愛いものです。よく考えて飼い始めないと、その可愛い子犬がその後不幸な境遇をたどることにもなりかねないのです。
犬の運命を決めるのは飼い主と言っても過言ではありません。

また、犬種の特徴をよく調べておきましょう。
例えば、小型犬でも相当の運動量を必要とする種類もいます。その場合散歩をしっかりしないと、犬のストレスに繋がります。他にも、よく吠える種類などもいます。見た目で判断せず、自分なりに調べたり、専門家の方によく聞いてから決めるようにしましょう。

それから、トリミングの必要な犬種がいます。
人気犬種でいえば、プードル、シーズー、ヨークシャテリアなどです。毎日のブラッシングは欠かせませんし、定期的に毛をカットしたりする費用もかかります。可愛いだけでは飼うことはできません。

きちんと世話ができるか、金銭的余裕があるか、よくご家庭で話し合ってください。

ここまで読んでも犬を家族にしたい方は、是非次のページも読みましょう。
あなたは犬を迎える心構えのある方です。
いつまでも今の気持ちを忘れずにいてください。


minip_next.gif
15 : 05 : 09 | 犬を飼いたいと思っている方へ | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。